FANART: デイビー・ジョーンズ(ドラゴン、家を買う。)

『ドラゴン、家を買う。』見てたらなんかイケメンが居たので。
声が鳥海浩輔だったしこれはやったなと(なにを)

ファンアート
デイビー・ジョーンズ(ドラゴン、家を買う。)

全然こんなキャラじゃなかったですが。
でもデイビー・ジョーンズだっていうじゃないですか。あの怖い航海民話の方ですよね。だから勝手にこんな感じに描きました()
服着てないのは仕様です(なんの)


『ドラゴン、家を買う。』自体は特別マイナーではないと思うんすよ。
今放送中だし(TOKYO MXだけど…)

いやでも…デイビー・ジョーンズ氏…

いやわかりません。マンガ原作のほう読んでいないので、マンガではワンチャン、レティ(主人公)の生き別れた兄弟だったりするかもしれん。

はい。ふざけるなよと。

アニメはですね、レティかわいいし、堀江瞬さんが面白いんで見てます。
こういうほのぼの系アニメは普段あまり見ないけども、時々めちゃくちゃ面白いギャグシーンとかがあるので、それ楽しみにしてます。

それで見てたら、なんかイケメンやな、と。
声は、鳥海さんなんやな、と。

描きました(もはやこわい)

長髪で髪を結んでるのが海賊感あっていいですね。
鼻で呼吸してなさそうなところもいい。なんのための部位なんだろうかあれは…サメとかにも鼻の穴あるのに…

眉毛太くて、ツリ目、ギザ歯もかわいいです。
歯、描けなかったですが。

デイビー・ジョーンズ氏、登場回の終盤でグラサンかけてる所がなんか笑いました。ファンタジーの世界にもグラサンてあるんだ…というかw

このアニメの世界観はけっこうパロディ系というか何でもアリな感じあるので、別に気になりませんでしたが。

関係ないがナレーションがガチで森本レオ本人だったのが一番驚きました。
(拭いきれないきかんしゃ感が)


民話上のデイヴィ・ジョーンズは、”デイヴィ・ジョーンズの監獄”という慣用句で言われている人物のことですが

デイヴィ・ジョーンズという人物がどういう容姿かとか、そういう部分ははっきりしないみたいですね。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』でビル・ナイが演じているデイヴィ・ジョーンズがにょろにょろしてるので、あれが浮かんでくる人も多いと思いますが。

名前の由来も海賊、船乗り、パブの店主、聖書など諸説あり。

デイヴィ・ジョーンズの監獄=海底のことで
海で死んだり、船が沈没することを「デイヴィ・ジョーンズの監獄に送られた」という風に表現する。そういう慣用句だそうです。

海の底に亡霊が閉じ込められていて、そこに送られるっていう、そんなイメージですかね。

儂もはっきり記憶してなかったから、そういうことなんか、とwikipedia読んだですが。

デイヴィ・ジョーンズの監獄 – Wikipedia

こんな民話だし『パイレーツ・オブ・カリビアン』見ちゃってるし、若いお兄さん、というイメージが無かったけども
『ドラゴン、家を買う。』のデイヴィ・ジョーンズは、ほのぼの世界観の中に馴染んでたしこういうのも面白いと思いました。

投稿者: Ugo

Posting my original novel. Eager for the world of other sun.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA