pixiv 投稿: OC portrait (Caden Qubewano)

また描いてんな

追記 (2021年5月10日):
最後の文章を直し忘れたので取り消し線にして、修正文追記しました。

イラスト
OC portrait (Caden Qubewano)

OC portrait – Ugo (烏合)のイラスト – pixiv

この人をかっこよく描くまで死ねないという気持ちなので(あ、はい)
かっこよくというか、かっこよくセクシーにというか。

この人はそんなに鍛えてない、という事にしてあるんで、筋肉の具合が悩んだんだが、前よりだいぶシェイプアップしたように見えますね。
ジムにでも行ったんでしょうか。

はい、かっこよく描きたかったんで勝手に鍛えさせました(ひどい)
完全に腹筋が割れてるのは絶対無い、と思ってたので、そこだけは守りましたが(そうですか知らんけど)

タトゥーはこのまえSCI-FI OUTFITで描いたのと同じ、で
右肩のタトゥーのデザインだけ少し変えました。前のデザインをアップで描いたらなんかダサいなと涙が出てきたので。改善したかは不明。

ピアスはリングのピアスを1個追加。とくに理由はなく、気分で…
この人は左耳にインダストリアルピアスをしており、そっちがメインなので右耳は地味なんですが、1個じゃさみしすぎるかなと思い。


描き方で気を付けたのは、男性らしい骨格をもっとリアルに描く。

ということです。

儂はお姉さんを描いてもお兄さんに見えるくらい、ただ単に男性っぽく描くのはできるが、かっこよくてセクシーなお兄さんを描けてるか?

これがずっと疑問でしたので。
今までもそれに気を付けて試行錯誤していたつもりだが、納得はしておらず。

今回改めて意識して、資料を見て、描きました。
前よりはマシになったはず。

難しいと思ったのは、リアルに寄せると、リアルとデフォルメのバランスに悩むという点。
あと、目を魅力的に描くことですかね…これはずっと悩んでるんだが。
儂の目の描き方は、極端にアニメ風でもないが、すごくリアルというわけでもない。なんやねん。

目を描き込むのが苦手なのです。目を大きく描かないように、目はそんな主張しなくていい!みたいな見えない圧を受けている(誰が圧かけてるんや)
わからんのですが。
目を描くこと自体は好きですが…わからんな

しかしやっぱり顔が魅力ないと良くないので。
気を付けつつ、でもかっこいい目になるように描いたつもりです()

化粧とかしてるわけじゃないただの男性の顔として描いていることと、自分の絵柄的に、やっぱ睫毛とかはそんな要らんなと思った。
一回描いてはみたが変すぎてすぐに消した(死)
これよりもっとアップの顔とかだったら描いてもいいと思いますが。これくらいの距離なら要らんな、と。

で、目全体をあまり大きくなりすぎないようにし、顔全体のパーツと合うように。

目をそんな描き込まない分、眉毛大切な気がした。
今回は眉毛かっこよく描けた気がするんで、それでなんとかまとまった、かもしれない。

まあ総合して、今までで一番男性らしく、かっこよくはなったと思います。自分的には。

あと前に描いた portrait 絵よりは上手く描けた気がするので、よかった。

前に portrait として描いたこのキャラクターの絵は、その時の自分にしてはスキル以上のものが描けた気がして「すごくいい!」と自分では思ったんだが
今回の絵を描いてそれよりも良い絵が描けたかな、そのときより少し上手く描けたかな、という気がしたのでよかったです。


(話が長い)

最後に
この絵はpixivとかに投稿してないんですが、後で投稿します。
最近pixivの作品一覧のまとまりの無さが気になってきて、それは自分がバラバラの絵ばっか描いてるアホ野郎だからなんですが、できるだけ同じようなシリーズで並べたいという気持ちがある。

だからとりあえずこの絵はtwitterに投げ込む。で、誰も見ない(それ関係ない)
次の絵を描く。同じような感じで。
何枚か同じように描けたらpixivに投稿しようかなと。

(ファンアートとかは少しは見てもらえるので有難いですが。特別にいま流行ってるとかではない、描きたいものを描くしか能のない儂のファンアートを…。それぞれのファンダムに居る人々に感謝しております)

とにかくそんな予定です。予定、です(含み持たせるな)

ハイ。文章を直し忘れる、っていう。紛らわしくてすみません。

このようにしようと思ってたんですが直前でやめたので、直し忘れてしまった(死)

同じシリーズで並べたいとかいう事は引き続き考えています。
あとはもう、投稿はしてしまったので描けるかどうかという問題ですね。

(ファンアートに関しては特に直す必要のない話でしたんでそのままにしました)

投稿者: Ugo

Posting my original novel. Eager for the world of other sun.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA