画像サイズの比率計算方法

儂は数字が嫌いです。数字が嫌いだけども、必要な数値の内訳がよくわからないのは気持ち悪いという面倒な人間なので調べた。
だから間違ってたら儂のせいなのでごめんねと最初に言っておく。
数学的に正しい説明とかもできないんで、計算は合ってても表記方法に問題があるかもしれない。
完璧な回答解説じゃなくて自分で理解する手助け程度にしてください(重要な文言)

画像(イラスト)のサイズの比率計算法を知ってどうするのか?
イラストではよく黄金比や白銀比とかいう、見栄えがよくバランスのいい比率の話とかあるじゃないっすか。
または、Twitterでは画像が16:9比率のサイズだと、トリミングされずに表示されるらしいとか。じゃそれキャンバスサイズいくつにすりゃええの、と思ったとき。
計算した答えが知りたいだけなら数値を出してくれる計算サイトはありますね。便利。助かる。
だけど同時に、なんでその数値になるのか?がわからん、それは自分の中で気持ち悪い。そしてわからんから応用はできない。
わかれば、便利そうな情報と出会った時自分で使えるかなと。
応用機会はいつになるか知らんが、とにかく今、この、わからんモヤモヤを解消するのが第一目的です。

おまえに説明されなくても知ってるよっていう人はここには来ないと思いますが、興味もあるし面白い世界史以外は学校の勉強ぜんぶ忘れました、っていう人の参考になれば嬉しいですね(それお前やん)

まず最初に、計算方法を書いておきます。

“画像サイズの比率計算方法” の続きを読む

Krita にちょっと慣れてきたメモ

Krita に慣れてきた。
まあ少しは。最初のケイデン以外は Krita で描きました。
デジタルで描き始めてから、IllustStudio→CLIP STUDIO でずーっと来ましたが、これらは Linux 版がないので Krita の練習をしています。

本音はクリスタが Linux に対応してくれるのが一番ですが。
だからしょうがなく Krita を使っているというのですか!?

こうしてどちらのソフトにも失礼みたいな雰囲気が漂います。でもクリスタは慣れてるし気に入ってるし、Krita は便利すぎておでれぇたツールとかあるのでどちらも良ソフトだと思う。

Krita は全然使いこなしてない故、見落としが1億ヶ所あると思いますが現時点のメモ。
ただクリスタも使いこなしてない故、もしかするとクリスタで出来ることを出来ないと思っていたりするかもしれない。でもメモしておきます。
色々ネットで検索しても、わかるまで時間がかかり腹が立ったからです(こわい)

“Krita にちょっと慣れてきたメモ” の続きを読む