今年の絵の道のり

おもにブログに書いてたことなどを振り返りながら時系列順に。
pixivに登録してからのことを書いていきます。

たぶん年内の更新は最後になるかと。

このサイトを見つけてくれた方、サイトじゃなくてもpixivなど外部サイトで絵を見てくれた方、ありがとうございます。

こんな変人を見つけるなんて、あんた、只者じゃねぇな(いいから早く本題いけよ)

 

2月

pixiv 登録する。だがあまり思うように描けない。

3月

頭が脳死すぎて小説を書けないので、絵を描こうのターンにする。

4月

怒りエネルギーで2週間で7枚、落書きじゃない絵を描く。

ここはなんか1歩違う自分が出てきた気がしました。いままでオリジナル1枚描くのもほんとつらかったのに、自分でデザインした自分の世界観を表現するのがめちゃくちゃ楽しくなった。
その怒りエネルギーってなんだったん?ていうのは、誰かを追いかけるだけの立場が本当に嫌になった、ていう怒りなんですが…詳しくどういう気持ちか説明するのが非常に難しいです。べつに恋人がいたとか別れたとかそういう系の話ではないですよハイ。恋人とか意味わからないので(それ以上言うなかわいそう)

ただこう自分の外の世界から受け取る”だけ”なのが嫌だったというか
自分の世界が無いことが嫌だったというか
自分の世界をもっと真剣に探して、作って、その中に逃げたいような気持ちもあったかもしれないし、その世界で自分をもっとはっきりしたものにしたかったという前向きな気持ちもあったし、自分のそばにいてくれるのは自分の世界だけだ、というような気もしていたような、いなかったような。

最後のに関しては、そんなこたねーだろと思いますが。当時は正気じゃなかったので(こわいよ)
そういうかんじでウガーとやって何か突き抜けた感はありました、と。

あとくっきり主線+服やわらかリアル系塗りがけっこういいなと思い始めたり。

5月

ユニフォーム絵シリーズを描く。これがユニフォームシリーズなのか制服シリーズなのか自分でも呼び名が定まらない(定めとけ)

くっきり主線+服だけやわらか塗り続行。
でもこの塗りじゃ、肌部分のセクシーが足りない気がする。
でも今の線で肌をリアルに塗るの難しい。
そこを考えながら傭兵カップルの絵を、やわらか主線で描く。
描いた時はいいなと思ったが、やっぱり線が気に入らなかったのか迷走する。
アンドロイドくんのユニフォーム絵がそれなりに描けたが、偶然いいかんじになっただけで、以後その雰囲気を再現不可能となり死ぬ。
死にながら主線くっきりと厚塗り風塗り融合を目指すが…
満足いくものは描けず死ぬ。
ただ、異種族キャラデザでファンタジーとSFの区別をどうつけるかって時
『現代風のパンツはいてるとけっこうすぐSFに見える』
というパンツの法則は発見する(そのまま死んどけ)

6月

設定画風ばかりでもだめかな、と1枚絵を意識して描く。
「アンドロイドだと思わないと人を描けない精神状態」とかこわいことを言う。
たしか6月に、ArtStationアカウントを作る。

7月

こわい精神状態だったからか人物絵が描けず、抽象絵を描きまくる。

8月

新しく絵が描けなさすぎて古い絵を描き直すターンにする。
『(描き直しでも)やった分、なんか思いついたりとかはあったんで、やっぱりアホと思えることでも何もやらないよりやったほうがいい』という遺言を残す(死ぬな)
瀕死状態で、描き直しじゃなく新規のOCポラロイド風ポートレイトを描く。
主線はあるが塗りはリアル、これを服だけじゃなく肌でもそれなりにやれて、ああ、がんばった…これはがんばった…二人ともすごく可愛いし今までで最高だ
と思うがpixivもArtStationもほぼ評価がつかなかったので今年一番死んだほうが楽だわと思う(永眠)。
今は”とりあえずがんばれば偉い”システムを導入してるから、まいいけど、いやマジ落ち込んでました。ハイ。
なんだったらいいんだろうか?と…まあそういうこと、絵を描いてる人は経験あると思いますけどね。100か200の浮き沈みだったらまだ耐えられるかもしれないが、自分は0か1かくらいのとこで息してるんで砕けた時のダメージが(次行こう)

9月

屍となりなにも描けない。途中から、とりあえず練習などをする。
だがそれ以外はほぼアサクリ漬けになる。
(ストレス、鬱状態、不安をゲームで誤魔化すことで生きる技というのはまさに今この状況のことだったのかと発見)(絵関係ない)

10月

リハビリ描き直し絵をとりあえず描く。
4月に描いた絵を描き直したので、あいだの期間約半年。
とりあえず少しは進歩してるかんじはあったので、とりあえずよし(うるさい)

『描けない時に描き直すのもそんな悪い手じゃない。なぜかってそのうち飽きてくるから当然のごとく。もうそろそろ違うデザイン描きたいわ、って。その、違うデザイン描きたいわ、って言葉にもう描きたいって入ってるじゃん』☆彡
という遺言を新たに作成。儂が死んだらこの手紙を開けてくれ(もう開いてる)

11月

設定画風イラストの土台を作り、その土台で2枚描く。
1枚目のやつは、自分にしては華があるかんじに描けた気がした。
グリザイユで塗りやると楽じゃないか?と思いはじめる。しかし自分的にこれだと思うグリザイユの方法がわからない。
それでもとりあえず主線+グリザイユで「この世の中には目の保養になるお兄さんの絵が少なすぎると思わないか?」精神でもっていろいろ描く。

グリザイユにしてからちょっと絵が安定したが進歩がない気がする、とか言い出す。進歩は必要だが、そもそもクオリティに大きな落差がないこと=安定なのであって

おまえは何を言っているんだ

 

 

 

 

 

 

12月

もうこのままいつやるか?というのは先が見えなすぎるのでFANBOXをはじめる。
BOOTHで投げ銭も作っておく。

顔が魅力的に描けてないのでは、とふと思い、練習する。
2枚描いたら全然違う描き方になってしまうが、発見もあり結果的によかったかなと。

年内にGAY+SFといえる絵が描けたので安心する。

絵柄は安定したのか?

してません

おわり(おわるな)

 

まとめ

総じて精神状態が良くない、ということがわかりましたね(なにその最悪な結果)
いや冷静に見てね。でも通常運転なので気にしないぜ(いいのかそれで)

まず褒めておきたいのは(急に甘やかし)
8月に絶望してから、よく再び描き続けたなと。
進むためには、結果が振るわなくても頑張ることは当然かもしれないが、当然=簡単じゃないと思うので( ˘ω˘)
褒めるべきとこは、そのように自分で褒めましょうよ…泣いてもいい…でも泣いたらほら、涙を拭けよ(誰)

さておきその経験によって開発した”とりあえずがんばれば偉い”システムの導入は正解だったなと(大袈裟)
これは自信持って言えますね。がんばって描いたなら、とりあえずそれでよし。ただそれだけの単純なシステム。
この自尊心崩壊人間の儂が自信持って言うんだから相当です(しらんがな)

絵のスキル的には、ここ3年くらいで一番成長した気が。
数年はマジでずっと絵が描けず、絵なんてもう描けねんだよとかキレてたので。そんな状態でサイトをはじめたので、GALLERY の最初の方の絵とか、見てもらってもわかると思いますが。
(そんな状態でサイトをはじめるな)

やあ、でも、はじめて良かったですよ?(震え声)

絵の良さって上手い下手じゃないところもあるが…それでも描く側からすると、自分の思ったように描けるかどうかは重要だし、題材によってはスキルがないと描けないはずなので。

とにかく世界いや宇宙の隅で絵を描いてるような状況では、自分の思ったように描けたのか描けてないのか、がほぼすべてというとこもあります。
思ったように描けなかったらこんなもの破り捨ててやるわッ(デジタル)
て感じになってしまうので。

でもこんな世界でも、ほんの少しでも、自分の絵を見てくれた人がおり、良いと思ってくれた人もいたのなら、そのことは点滴のように儂を生かしてくれます(表現が病気)

ありがとうございます。

なんでこういう絵ねぇんだよォオオオ!!??????という気持ちがあって描いてることが多いので、自分以外にもそういう人が居て、儂の絵を奇跡的に発見し「ええやん」と思ってくれていたら意義深いなと妄想してます。

別にそうでなくても、楽しかったらなんでもいいんですが。

ありがとうを伝えるのが下手すぎて恐縮。

そんな奴ですが、よければ来年も見てやってください。

ではよいお年を。

投稿者: Ugo

Posting my original novel. Eager for the world of other sun.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA