pixiv & artstation 投稿: Relax

Relax

ArtStation – Relax, Ugo Nishimura

なんか描いたことないタイプの絵が描けましたね(他人事)
適当に描いてたらベースが出来てて結果こうなりました、と。
(今後に活かしづらい出来上がり方)
ただBDSMとブッチャーエプロンは常に心にあるんでね()
そういうことでしょう。

ちょっとpixiv巡回とお絵描きを両方長時間同日でやりすぎて目、首、肩が冥界送りになりましたが。
なので、投薬治療で無理矢理仕上げましたですね。
つらい。もう二度と同日長時間はやらんと心に誓いました。

今回背景を描きましたが、こういう”壁”ならいいんですよ別に。
風景とかは拷問で、描きたいが手が石みたいに動かなくなる。
描いたのは浴室風タイル壁。
でも浴室の想定じゃなくてSAW第一作目の部屋の壁的な。どんな部屋だったかほぼ忘れたが()

そういう壁なら描けるのではと思って、あやっぱいけるわ、と、とりあえず壁を描き進めてたらこれができた。

今回思ったのは、厚塗り系だと2000×2000はきつくないか?と。

そこまで細かく描き込める自負も自信もないんすけど、キャラの距離がこれくらいで既にきついので立ち絵をきれいに描くのは無理かなと思った(自分の描き方では)
それともブラシの問題か?
99%Kritaで描いて最後にクリスタで加筆した時にいけそうな気もしたが。
いつもクリスタは加筆には使ってないんだが、ちょっと気になったとこがあり、そこだけクリスタで直したわけです。

確信のないことを言って申し訳ねぇ、て感じですが、このキャンバスサイズの最適解はマジでクノッソスの迷宮レベルに出口が見えない。
とりあえず2000-3000をウロウロしてるんだが。
dpiとppiは違う、dpiはプリンター、ppiはディスプレイ解像度、けど結局印刷の時にしか関係ない、とか…
なんとなく調べはするが結局記憶に残らないということですが、まデジタルで描いてるだけなら関係ねーよという事で。
結局細かく描くならキャンバスサイズ上げないと。
で、そのキャンバスサイズどうすんだよ、て永遠の迷宮コースを堪能している。

きれいに描けるがしんどくないサイズがまだわからない。
最初小さいまま描いて大きくするのもアリですがね。それやってた時期もあって、最近忘れてて「あ、最近これやってないからしんどかったんじゃない?」と一瞬天啓を得た気がしたんだが、よく考えたら天啓でもなんでもなくて、大きいサイズでもブラシサイズ上げれば一緒じゃない?と思って

『画面の細かく描けるレベルに対してブラシが細すぎて描きにくい』なら
いつものブラシサイズ&いつもより小さいキャンバスサイズ(相対的にブラシ太)も
大きくしたブラシサイズといつものキャンバスサイズ(実際ブラシ太)も
ほぼ同じじゃん、と。
要はブラシが細すぎなければいいんでしょ?という。

それだけのこと…に気付くの遅すぎてこのまま迷宮で朽ち果てた方がいい説もあります。

そしてそれに気付いたところで、別に新たに何かがやりやすくなったわけではない。ただキャンバスサイズ小さくして描いて後で大きくするという手間が省けるだけで。実際そんな手間じゃないし。まあキャンバスサイズ小さいまま描いてたおわったわ(^o^)とかはありますが(損害デカ)

なんで、次またどうしようかなってね、考えてしまうわけですが。
背景、壁なら描けるよというどうでもよさげな発見はあったんだが、それを別の絵にどう活かすのかわからん…タイル壁シリーズで描く?(謎すぎる)

壁もこういう正方形の絵ならいいけど縦の長方形絵だと全面壁は無理そう。まデザイン次第ですけども…

ベースがあれば塗るのはけっこう、楽しいんですけどね。無機物でも。
ここで言っててもどうにもならんことだけはわかる。うん。

ただ今回の絵はサムネイルサイズで見ると意外と写真っぽい奥行き、人物の立体感がある感じしたんで、それはイイね、と思った。ド2D絵が多かったんで。
少しは褒めてあげることも必要だね(自分でどんどん暗示かけていく)
サムネイルはそれとして、拡大してどうかはしらんけど(すぐいじめていく)

楽しくて、応用できる、全体スキル底上げを実現する革新的技法とか制作アイデアとかないですか?(あったらみんな聞きたいだろうよ)
特に背景に使えそうなやつで、手抜きだと即バレしないちゃんとしましたよ感が出るやつ。ミールキット的なアレだよ。ちゃんと自分で作業もしたよ感。

なにを言ってるのか。

この絵描いたのね…約10日前だがブログ記事が遅くなってしまいましたね(死んだほうがいい)
さすがに辛辣すぎる。

正直ブログ書いてるほうが楽しいんですけどね(ん?)

完成されたものを出せ、と言われると即窒息死するんですが、自分の意見を言え、というだけなら湯水のように出てくる気がします。クオリティは()
だからブロガーはできないが、書くだけなら書けると。

絵はね、1枚描いて投稿して絶望してまたもう1枚描くっていうの体に悪すぎて体脂肪とか内臓脂肪が増えそうだったんで、いま2枚描いてためてます。

どっちにしろ絶望はするんですけどね。絶望をどこまで減らせるかが勝負だよね(適当)

まあそういうことです(白目)

投稿者: Ugo

Posting my original novel. Eager for the world of other sun.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA