Pixiv Post: GLIS

2週間ほぼ毎日6-7時間絵を描いて、pixivにアップしたのは3枚
ていうと( ゚Д゚)ハァ?

て感じですが総数としては7枚描いたわけです。
でも「クソこんなんだめだ」と思ったのとか、1枚でアップするには疑問に思うやつとかを除いて3枚になったのである。

Alien & Human Mercenaries

1枚目のアップがこれ。
名前はつけてないけど、ユラン人傭兵と人間の傭兵カップル。
ユラン人…はアップした小説ではキャラというキャラは出てきてないですが、種族名は書いたことがあるはず。

人間の傭兵のはモヒカンヒゲが描きたくて。
思いっきりゲイな感じを出したかったんで、という言葉の意味がよくわからんけどモヒカンヒゲにしました。可愛いから。

あと2枚についてもあーだこーだ言います。

 

Shapesifter Alien & Human

で2枚目はまたロステノとケイデンを描いてるわけですが。
ヴァイレルト・メカニックのロゴをやっと描きました。でも手の甲のタトゥーまた無い事件。いつになったら現れるんですか?(こっちが聞いてんだよ)

ほぼほぼ二人のビジュアルは出来たなという気がします。手の甲以外。

まあロスとケイデンが接近してる絵が描きたかったっていうわけですね。
ロスさんの外見は地中海の南東かネイティブアメリカンのどっかという感じですね。世界を股にかけすぎじゃない?

ケイデンは白人に見えてしまうんだが、アジアの要素をどことなく入れられないかな…と思いつつ描いています。あっさり顔というか。

色を塗るときカラーサークルでは→ピンク 赤 オレンジ 黄色 黄緑→て感じで時計回りに並んでおるわけです。
単純に白人ならピンク赤寄りで肌を塗るけど、ケイデンはオレンジ黄色寄りで塗っています。
ワシは日本人だから黄色って言ったとこで別にいいんだ~別に~(なんなんだよ)

まこんな肌の色の話は言わないとわからんし言ってどうすんのって話だけど。
ケイデンさんはルーツ的には地球の植民地の人ってだけで、明確な人種的要素があるわけではないし。
ただせっかく設定画ぽい絵なんで言ってみた。それだけだ。

 

VESSEL

3枚目。トランスマンとケタル(シェイプシフターのエイリアン)。

シェイプシフターのエイリアンてなんか、変な響きですよね。今更だがホラーとSFが衝突している。SFホラーもいいけど、それは全然意図してないから変な感じ。
とにかく他に言い方が見つからんからそう言ってますが。

この人たちは話を描いたわけじゃないが、大体の設定とか、名前は決まってます。

トランスマンがハルくんで、エイリアンのほうがマイロさん。

うん。とにかく問題はね、ケタルはシェイプシフターなのになんでこの人まで褐色肌なんだって話だよ。

描いてる時に全然気付かなかったというのが事実なんですが
とにかく褐色肌が欲しいんだよ。正直にな。

肌の色の話は終わりにして、このVRゴーグルみたいなやつ。
マイロさんはシャイなので、物理的に別個にある仮面を持っていて、外見を変えてもそれをかぶってる、というのを考えた。
で、2種類マスクを考えたんだが、両方しっくり来なくて、ふつうのゴーグルっぽいのにしよう、と思ったらこんなことになってしまった。

ハルくんのほうはこの外見になるまで1億年かかりました。
前から考えてる外見があったから、それでいくはずだったのが、だめだぁあああああ!!!となり、本当に息絶えるかと思うほど大変だった。

でも最終的には気に入ってるしよかった。

名前も相当決まらなかったんだが、最終的に前ボツにした話から取りました。
その人物をもう一回書き直すことはないと思うんだが、あまりにも救われない話だったから、こう、生き返らせるような感覚で。

この絵を描いてる時に合うBGM、歌が全然無くて、U2の Dancing Barefoot ばっかり聴いてました。映画 Threesome のサントラのやつ。
唯一合うのはそれだけ。知ってる限りでは。

 

そういうわけで3枚アップしましたです。
とりあえず少し絵はうまくまったと思う。前より。

I know.な感じで、自分で褒めるなんて空しいですけどね。誰かが褒めてくれるわけじゃないし、褒められればただそれでいいのかっていうとそれも違うし、自分でやって判断してやって判断して、それを繰り返すしかない。

とにかくこの絵柄を安定させられればいいんですけどね。
この描き方はストレスもほぼないし、描きやすいから。

ここ15年とかで一番オリジナル絵描いたかもしれない。まあそれくらい、怒涛のプラスとマイナスと絶望と怒りのエネルギーによってすごく描けたわけだけど(マイナス多くないか?)。
これからどうなるのか…描けなかった期間が長すぎたから震えている。

でもこんな感じで描いていきたいわけです。はい。

投稿者: Ugo

Posting my original novel. Eager for the world of other sun.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA