Farther Than Pale Blue Dot

ここは淡い青よりも深く遠く

Farther Than Pale Blue Dot

2019

西村 烏合

地球の植民惑星生まれの人間が、ケタルティオイドという非ヒューマノイド種族の一人に騙されて非ヒューマノイド(トーカー)-ヒューマノイド(シーカー)間パートナーシップの相手にされる話です。
ケタルティオイドはシェプシフティング能力があり、見かけ上お互いヒューマノイドですが、人間の女性にも男性にもなんにでもなれるんで、人間は困惑します。

chapter 1
chapter 2
chapter 3
chapter 4

 

この宇宙では人間はそんな偉い種族じゃないんで
ヒューマノイド=シーカー
非ヒューマノイド=トーカー
という呼称があります。

ただ本編中にもあるように、人間側が非ヒューマノイドとかいう言葉を使用することはありますが、失礼な感のある表現って感じですかね。

一個前の『誰かの中の1日目』ではこの呼称を思いついてなかったんで、意図的な使用ではなく一般的な表現としてヒューマノイドという言葉を使っちゃってますが、いちおう同じ宇宙です。

投稿者: Ugo

Posting my original novel. Eager for the world of other sun.