pixiv & ArtStation 投稿: Mercenary (day off)

休みの日の傭兵お兄さん。

イラスト
Mercenary (day off)

pixiv – Mercenary (day off) – Ugo (烏合)のイラスト

ArtStation – Mercenary (day off), Ugo Nishimura

この絵、実際は AI’s Disciple の前に描いたんですが、投稿順前後しました。
ブログの絵カテゴリ100記事目の絵を AI’s Disciple の方にしたかったが為に。

傭兵お兄さんでも問題はないのだが、ごめんお兄さん。
自分的にはセスくんの方がよく描けた気もしたので。

そしていきなり首のタトゥーを追加するという。
タトゥーがなんか足りないよね、という気がしたので。

ナンベイオオヤガという蛾を参考にしました。

ナンベイオオヤガ – Wikipedia

AI’s Disciple も今回の絵も、下描きと大体の色決めは終わっててそのまま放置されてたものを完成させた次第。やっと。

白背景で完成させてたんだが、黒背景+職業名タイトルシリーズにしたほうがいいかなと最後に修正してこうなりました。
その流れで AI’s Disciple も黒背景にしたが、あっちは白系の色だったんで問題はなかった。
ただ傭兵お兄さんは黒背景に黒い上着という組み合わせに()

この前描いた Smuggler では最初から黒背景を予定してたので、黒い服だが明るめの色にしてバランス取ったのですが。
行き当たりばったりでやってることが多すぎる問題。

 

描き方はこの絵も AI’s Disciple もいつもと同じくグリザイユ→着色です。
もう6枚続けてこのやり方でやっておる。
普段は、グリザイユを続けるぞと思いながら突然、線を活かしたいとか直接色塗るわ、とか言い出すのを繰り返してますが。
そして何事も無かったかのようにまたグリザイユで描いているんですが(何がしたいんだ)
でもなんだかんだやろうとも、現状はグリザイユが一番安定するのは事実。グリザイユが一番良いって確信はないのですが。

そしてこの絵は、気持ちが全然描ける状態ではないまま描いてキツすぎて、出来上がりも納得していないのだが(もうお兄さんがかわいそうだよ)
だが、お兄さんの顔はかわいく描けた気もします。
それは良かったです。

 

お兄さんの顔はルーツがヒスパニックと想定して描いてるんだが、果たして伝わるのだろうか。
未来の人間なんで厳密に南米生まれな訳ではない。だからルーツはヒスパニックと説明した時に「あ、そうなのね」と理解してもらえるなら、それで良いのですが。
説明をしても「なんかそう見えんな」ってなってしまったら問題がある…

このお兄さんに名前は無いが、褐色ヒスパニックOCがこの人だけなので貴重。
ヒスパニックOCが少ないのは、自分が南米等の歴史に詳しくないという原因が…
ペルーは食文化とか面白いなあと思うんだが。インカ帝国もいいですが儂はペルーの食事が気になる。芋おいしそうだし()
カリブ海のキューバもゲームとかで出てくるし、あとはチェ・ゲバラとか(中二病的関心)。他の周辺国より親しみはある。でもキューバはエキゾチックという雰囲気だけで知識が止まっていて、むしろ何も知らないよりアカン感じになっている。チェ・ゲバラがアルゼンチン人というのも忘れてたし…

南米もカリブ海も、スペインやイギリスという西欧に支配された歴史があり、その点ではアラブと似ているのに全然チェックしていないという。
そもそも植民地支配に興味があって勉強してたわけじゃないけども、チェックしてなさすぎる。

そんな程度で粗末な知識ですね。そして記憶力が悪すぎてホンマに。

ヒスパニック系アメリカ人の役者、バンド、歌手が沢山居るので、それで親しみがあるというだけなのだ。
ヒスパニック系の役者で一番好きなのはカーク・アセベド(またはカーク・アセヴェド。表記ゆれ問題たすけて)
彼はプエルトリコ系アメリカ人らしい。IMDbにはそう書いてあったですが。

Kirk Acevedo – Biography – IMDb

この人は自分の中でヒスパニック系役者不動の1位なんですが、でもなんだろう、この最近の役者じゃない感。現役だけど中堅感。
ヒスパニック系で新しめの役者さんて誰がいるんだ?(その質問が既に終わっている)

画像検索で見てみたが
年齢は若くないけどオスカー・アイザック(グアテマラ)とかペドロ・パスカル(チリ)とかかな…
二人と比べると知名度低い気がするが、エドガー・ラミレス(ベネズエラ)とか…
あとアナ・デ・アルマス(キューバ)かな。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のパロマ役。

ヒスパニック系の知識がな~とか言う前にちゃんとエジプトの勉強を続けろよお前は、って話なんですが。

エジプトの歴史本の感想記事を書いて、やっと完成させたんだが未公開放置してるので、そのうち上げようかなとは思ってますが。

今週の世界ふしぎ発見!はエジプトだし。
ルクソールとサッカラをやるようです。
渋谷の古代エジプト美術館にも行くみたいなんで映像の配分がどうかわかりませんが。とにかく録画予約はした(血眼)放送は明日16日です。

日立 世界ふしぎ発見!|TBSテレビ

結局なんの話なんだ。

とりあえず興味がある方向に進み続けながら必要な軌道修正を行え
ていう話だと思います。

投稿者: Ugo

Posting my original novel. Eager for the world of other sun.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA