pixiv & artstation 投稿: 猫耳狂い

それは言い過ぎだね。でも猫耳はいいよね。

猫耳ヘッドフォンという形で実装。

TWM NEKOKUN

TWM Gaymer

※↑上記画像クリックするとpixivに飛びます。
(プレビューの様式変わったのってWordPressアップデートしたせいなのか?どうにかしないと画質…)

ArtStation – TWM NEKOKUN, Ugo Nishimura
ArtStation – TWM Gaymer, Ugo Nishimura

2枚ともテーマが Gaymer だったんだが、1枚目描いてる時に考えてて、さすがにリュック背負ってコントローラ持たないだろ、と。こわすぎる。
だからヘッドフォンでなんとかしよう。
あ、ヘッドフォン猫耳でいいじゃん。

それだけです(脳細胞1)

あくまで Gaymer をどう描こうかなというとこからの猫耳。
でも猫耳描いてみたらいいなァと思い、いろいろ猫の形に侵食されました。

Gaymer て5億年前に聞いた単語だったんで使えないかもと思ったが、検索したらけっこう生存してそうだったから使っちゃったよね。

Gaymer の猫耳、イイと思います。もっとやっていけ(誰に言ってる?)

もう1枚の顔アップは描けてから立ち絵と一緒にアップしようか迷ったんだが、最近サムネ映えを気にしており。
顔アップのほうがサムネ的には目に留まると思うんすよね。
でも順番的には1枚目を立ち絵にしたい。そうすると目に留まるほうを2枚目に設定しなければいけない。せっかくの顔アップが無駄になってしまう。

じゃあまだ顔アップ描けてないし別でいいか、と。

というかんじでアップして、この次のストックがないんですが。
別出しでそんな間隔空いてもね。

どっちにしろコントローラ持たせられなくて、PCゲーマーという意識があったのと、ゲイ成分なんかもうちょっとなんとかならんのか、と思ってたんでこのようにしてみた、というわけですね。

 

最近の絵のスキルについては…グリザイユにし始めてから今までに比べれば安定してるけど、進歩してない気が。
ダイエットの停滞期的な感あるですね()

絵柄安定は夢のスキルなんですけど。描き方の順序が安定しただけで、絵柄が一定になってる気はしない、なあ(^o^)

ただもう、グリザイユでしか描けない手になっちゃってるんで
このままやるしかない。

グリザイユとか厚塗りは今までずっと苦手としてきた描き方だったんで、それが出来てきたのはまあよしとしよう。
(どっちかの描き方をすると残りのスキルを失う病気なのだろうか)

とにかくこんな感じがイイというビジョンを失わないことが大切かと(言い聞かせ)

絵のコンセプトもそりゃ大切だろうが、描き方をこうしたいという方向性を持っておくのも必要だと思う(言い聞かせ)

停滞期のやつからはこの程度の言葉しか出てきません、ハイ。

 

ゲーマーといえば…最近ずっとカスタムでlol練習してるけど、カスタムゲームって観戦許可しないにしててもパスワードかけてないと誰でも入れるんですね。おらおでれぇた。しらなかっただ。
今までそんなことなかったんだが、この絵をアップする前にlolちょっとやるかと思ったら、カスタムゲームにフレンドでもない知らない人が入ってきて心臓がすべて出ました。こちとらただのAIとの練習カスタムよ。何事よ。
パスワード設定し忘れたんじゃ、ごめん、とか言ったらそうなの、って出てくれましたが。
めんどくさいがパスワードは設定したほうがよい模様。なんかすまんな。
まあ…ノーマルやれよって話だが(永眠)

投稿者: Ugo

Posting my original novel. Eager for the world of other sun.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA