First Day Inside Someone Else ch.7

誰かの中の1日目

西村 烏合

 

chapter 7

なぜ自分がここから物事を見ているのかわからない時がある。
解放されるのは、自分がどこに居るか忘れている時。
でもここはそんなに広くない。走ろうとして檻に頭をぶつけて、自分が閉じこめられていることを思い出す。

檻の中のティグラを当たり前に受け止め、かっこいいだとか、かわいいと言う声。
檻の中にいるのが?と聞けば、ちがう、ティグラ自身がすばらしいんだ、と声は言う。
 でもティグラは、檻を通してしか世界を見ることができない。檻を通してしか世界に触れられない。
 檻の外の目が、ジャングルの自分を知っているだろうか?走りまわり、夜に溶け、お気に入りの木の上で寝る自分を、見ることができるだろうか?
 そんなことできないだろうとティグラは思う。
 こんな自分を見ないでくれとティグラは思う。
 こんな檻の中の自分を。

 自分は見世物のティグラだと認めろ。ヒューマノイドに信頼されろ。そしてスキを見て逃げろ。
 人間の信頼を勝ち取ったティグラは言う。
 檻の中のティグラは言う。そんなふうにはできない、と。
 甘えるな、できないなら一生そこにいろ。信頼を勝ち取ったティグラは怒って去っていく。
 自分を偽ってでも、認めたくないうそを認めてでも生きぬいたティグラをヒューマノイドたちは称賛する。逃げられはしたが、あいつはかしこくて強いティグラだと。
 他の見世物たちの中にも、あのティグラは偉いと思うものたちがいる。傷ついても立ち上がり、美しいと。
 檻の中を知らない自由なティグラは、美しくないのだろうか?
 檻の中のティグラは思う。
 檻に入れられなければ、誰も、自分にうそをついて傷つく必要などなかっただろうに、と。

 檻の中のティグラは檻から逃げ出した。
 長い時間がかかった。けがをした。だが檻から出ることができた。
 よかった。檻から出られてよかった。もう檻にぶつからなくてよくなって、よかった。
 もう檻を通して見られることはないんだ。よかった。
 ティグラは思った。だがティグラのまわりには誰もいなかった。
 ティグラはどうやって仲間を作ればいいのか、わからなくなっていた。
 ティグラはもうジャングルを思い描くことはなくなっていた。
 檻から出られてよかった。
 ただそれだけを思いながら、ティグラは町の中で死んだ。



chapter 8 へつづく

投稿者: Ugo

Posting my original novel. Eager for the world of other sun.