Assassin’s Creed Unity プレイ日記【SEQUENCE 9, SEQUENCE 10】

アサシンクリード ユニティ のストーリーネタバレ&プレイ感想。

SEQUENCE 10 の結末まで書いています。

攻略メモは後日投稿する予定です(作成間に合わないやつ…)。投稿したらリンク貼っておきます。
ただ SEQUENCE 10 に関していくつか言えるのが
MEMORY 1 のイベントを全て見るには、スキルの変装が無いと無理かと。
あと MEMORY 3 をやる前にスキルの毒ガス弾を取っておいた方がいいと思います。

追記: 攻略メモ別記事にて投稿しました。

Assassin’s Creed Unity フルシンクロ(チャレンジ)攻略【SEQUENCE 9】
Assassin’s Creed Unity フルシンクロ(チャレンジ)攻略【SEQUENCE 10】

一覧→ Assassin’s Creed Unity プレイ日記一覧

前回→ Assassin’s Creed Unity プレイ日記【SEQUENCE 7, SEQUENCE 8】
最初→ Assassin’s Creed Unity プレイ日記【SEQUENCE 1, SEQUENCE 2】

 

他のアサクリプレイ日記
オリジンズ→ Assassin’s Creed Origins プレイ日記一覧
オデッセイ→ Assassin’s Creed Odyssey プレイ日記一覧
ヴァルハラ→ Assassin’s Creed Valhalla プレイ日記一覧

 

目次

 

前回まで

1791年4月1日。テンプル騎士団に命を狙われたエリスを助け、約2年ぶりに再会したアルノ。
孤立無援の彼女を救うため、アサシン教団に協力するよう説得する。
マスターアサシンたちはエリスを受け入れることを警戒するが、前もテンプル騎士団との停戦交渉を進めていたミラボーは評議会を説得しようと動く。
その間に、エリスの話から銀細工師フランソワ・トマ・ジェルマンの正体が判明。
彼がデ・ラ・セール殺害の命令を出した支部長、つまりエリスとアルノの仇であり、現代編のアサシンたちが追っている賢者だった。

アルノはそのことをミラボーに報告しようとするが、自宅へ行くとミラボーは殺されていた。
現場の状況から容疑者が数人いたが、それは偽装工作であり真犯人はベレックだった。
ベレックは”永遠の敵”であるテンプル騎士団と和平を結び、エリスと協力しようとしたミラボーを粛正として殺害。二人で教団を救いたい、とアルノに提案する。
アルノはそんなやり方を受け入れることは出来ず、師匠と戦い、倒す。
ベレック死亡。

1792年8月10日。仕方がなかったとはいえマスターアサシンを殺害したアルノは重要な任務から外されている。
だが久々に、テュイルリー宮殿に侵入しミラボーと王室がやり取りした手紙を回収し処分する任務を任される。
王の部屋に侵入したアルノは、そこでナポレオンという若い軍人と出会う。
アルノは手紙を見つけて処分。ナポレオンも王室からなにかを回収したが、なんなのか不明。
宮殿から脱出時ナポレオンに協力したアルノは、彼からフランソワ・ジェルマン支部長の仲間であるルイユ隊長の情報を得る。

約1か月後、アルノはグラン・シャトレ牢獄で囚人を虐殺しているルイユ隊長を暗殺。
ジェルマン支部長が穀物の流通に関与し、パリの飢饉を引き起こしているという情報を入手した。

 

SEQUENCE 9
『飢餓の時代』『蓄えるもの』『脱出』

1792年10月31日。

ジェルマン支部長がパリの飢饉を引き起こしており、マリーという人物がそれに加担している。
エリスから話を聞くと、マリー・レベスクは長年テンプル騎士団に所属しており、ジェルマンが騎士団に対する謀反で追放されたときも異議を唱えていた。今その二人が協力関係にあっても不思議ではない。

アルノとエリスは別行動だが、協力してマリーの企みを阻止するために動く。

ACユニティ SEQUENCE 9 画像

穀物が運び込まれる埠頭で情報収集すると、マリー・レベスクがリュクサンブール宮殿で祝宴を催すことを突き止めた。奪われた穀物も宮殿にある。
こんな飢饉の最中に王家が穀物を貯め込んでいたら、市民はどう思うか。それがジェルマンの狙いだ。
アルノはリュクサンブール宮殿に侵入し、マリー・レベスクを暗殺。

マリー・レベスクはジェルマンがデ・ラ・セールによって騎士団を追放されたあと、協力要請されてジェルマンを助けていた。
ルイ=ミシェル・ルペルティエという国民公会の議員がジェルマンに協力していることも判明した。

アルノは宮殿から脱出。
エリスと合流しようとすると、彼女が大量の敵兵に追われて逃げてくる。
街の中を駆け抜けてなんとか追手を振り切り、展示されていた熱気球に乗ってその場を逃れるエリスとアルノ。

ACユニティ SEQUENCE 9 画像 ACユニティ SEQUENCE 9 画像

二人合わさると騒動が二倍になるシステム。
(でもこれで謎に上手くいっている人たち)

二人は空からパリの街を見下ろす。
「昔の生活に戻れるかな、いつか?」とエリスに話すアルノ。
エリスは、多くのものを失いすぎて元には戻せないし進むしかない、と思っているが、アルノのことは愛している。
「前進が終わりを意味するわけじゃない」とアルノの手を握る。

エリスはずっと手紙でアルノを気遣っていることや彼に対する愛情を書いてくれていたが、アルノはこのムービーで(たぶんストーリー内では初めて)エリスに「愛している」という。

SEQUENCE 9 終了。

 

SEQUENCE 10
『夕食の約束』『処刑』『評議会への報告』

1793年1月20日。

アルノはジェルマン支部長に協力しているルイ=ミシェル・ルペルティエ議員を捜索。サド侯爵から手掛かりを入手して発見することに成功。
議員を暗殺する。

議員はルイ16世失脚に加担し、王を処刑するかの投票でジェルマン支部長の指示通り賛成票を投じた。
そして処刑の日、ジェルマンに見物席を用意すると約束した。

ルイ16世処刑の当日。

ACユニティ SEQUENCE 10 画像

アルノはエリスとともに、革命広場でジェルマン支部長を捜索し、発見する。

しかしそれを予想していないジェルマンではない。
王がギロチンで処刑されるなか、アルノにお前はテンプル騎士団の再生を目撃する、王冠と教会が塵となり、我々がこの手で未来を作るのだと話す。
そのまま部下にアルノの始末を命じ、逃走。

エリスはここを自分に任せてジェルマンを追えというが、アルノは彼女を置いていけない。
二人で戦いながらジェルマンの馬車を追うが、見失ってしまった。

ジェルマンを捕らえるこんな機会はもう訪れないかもしれない。
デ・ラ・セールの仇を討つ最大のチャンスを逃したことで、エリスはアルノを責める。
「君を守るためだ」と言うアルノに「守らなくていい」と。
彼女は何を犠牲にしてもジェルマンを倒したい。
(あなたに)復讐する覚悟がないなら一人でやると言い、エリスはアルノを置いて去る。

アサシン教団本部へ戻ったアルノは、入団の時に入ったホールの方へ呼び出される。
とにかく、ジェルマンの計画について報告しようとするアルノ。

だが評議会の3名のマスターアサシンは、報告義務を怠り命令に背き、独断で複数の対象を暗殺し、アルノが何度も信条より自分の復讐を優先したことを指摘。
そして投票を行う。

ACユニティ SEQUENCE 10 画像

投票の結果全員一致で、アサシン、アルノ・ドリアンを除名処分にする。
内容は、階級と肩書きの剥奪およびパリの教団からの追放。

SEQUENCE 10 終了。

 

攻略メモ

また別記事になると思いますが作成したらリンクを貼ります。

最初に書いたとおり、SEQUENCE 10 に関しては
MEMORY 1 のイベントを全て見るには、おそらくスキルの変装が無いと無理。
あと MEMORY 3 をやる前にスキルの毒ガス弾を取っておいた方がいいです。

追記: 攻略メモ別記事にて投稿しました。

Assassin’s Creed Unity フルシンクロ(チャレンジ)攻略【SEQUENCE 9】

Assassin’s Creed Unity フルシンクロ(チャレンジ)攻略【SEQUENCE 10】

 

まとめ

 

【SEQUENCE 9, SEQUENCE 10】ストーリーまとめ

▶ 1792年10月31日。ジェルマン支部長がパリの飢饉を引き起こし、マリー・レベスクという人物がそれに加担している。エリスの話だと彼女は長年テンプル騎士団に所属し、ジェルマン追放時から親しかったようだ。

 

▶ アルノとエリスは協力して、マリーの企みを阻止するため行動。奪われた穀物を取り返し、リュクサンブール宮殿でマリー・レベスクを暗殺して脱出する。
ルイ=ミシェル・ルペルティエという国民公会の議員がジェルマンに協力している情報も入手した。

 

▶ 1793年1月20日。サド侯爵からルペルティエ議員の手掛かりを掴んだアルノは、ルペルティエ議員のことも発見し暗殺。
議員はジェルマンの指示で国王処刑の投票で賛成票を投じ、ジェルマンに処刑当日見物席を用意すると約束したとわかった。

 

▶ 1793年1月21日。ルイ16世処刑の当日。アルノはエリスとともに革命広場でジェルマン支部長を発見するが逃走される。エリスは自分が戦っている間に奴を追えと言うが、アルノはここで分かれたら死ぬかもしれない状況に彼女を置いていけず、結局ジェルマンを見失う。

 

▶ デ・ラ・セールの仇を討つ最大のチャンスを逃したことで、エリスはアルノを責める。彼女は何を犠牲にしてもジェルマンを倒したい。(あなたに)復讐する覚悟がないなら一人でやると言い、アルノを置いて去る。

 

▶ アサシン教団に戻り、ジェルマンの計画、彼が王と教会を排除しテンプル騎士団の手で未来を作ろうとしている事を報告しようとするアルノ。
しかし評議会は、度重なる命令不服従、無許可の暗殺、信条より復讐を優先してきたアサシン、アルノ・ドリアンを除名処分とする。
アルノは階級と肩書きを剥奪され、パリの教団から追放される。

 

 

新たに出てきた人物まとめ

マリー・レベスク — テンプル騎士団員。追放されたジェルマンを助け、穀物流通を操ることにも協力した。

 

トマ・レベスク — マリーの夫。おそらくテンプル騎士団とは無関係で、彼女を止めようとして監禁されていた。

 

ルイ=ミシェル・ルペルティエ議員 — ジェルマンに協力している国民公会の議員。ルイ16世の処刑に賛成票を投じた。

 

マスター・トレネー — アサシン評議会のメンバーの1人。
(序盤から登場済みだが、名前が出たのはたぶん今回が初めて)

 

マスター・ベイリエ — アサシン評議会のメンバーの1人。
(この人も序盤から登場済みで名前もちらっと出ていたが、今回で名前と顔が一致した)

 

(※前回マスター・ケマルの名前を書き忘れたので、前回記事に追記しました。彼も残った評議会の3名の一人です)

 

 

アルノ、ボロボロじゃないっすか。

またなにもかも失ってしまった。

アサシン教団のことはアルノが悪い部分もあると思いますが。
まったく評議会に報告せずにずっと行動してるので、どうなってんだろうなと思ってたら結果…

アサシン教団はジェルマンのことをほかの人間に追わせてたようだが、アルノが一番ジェルマンに迫ってるし、結局はテンプル騎士団への打撃につながるのだから双方もう少し上手くできなかったのか、とは思うが
まあアルノが報告しなければ上手くやるもなにも、って話でしょうけども。

でも、ミラボーの先導で停戦交渉を進めていて、デ・ラ・セールとミラボーがいなくなってからは次の手も全然打てない教団にジェルマンの情報があったとしても、何も出来なかったような気もする。

結局ベレックも、アルノも、彼らの単独行動は教団が悪いところもあるのではという気もしました。
教団に現実的な行動方針がなかったから。

フランスのアサシン教団が、テンプル騎士団とどう戦うのか、戦わないなら実際どうやって争いを収めるのか、それをしっかり決めていたら。
もっと違う結果になったんじゃないか?

ハァ…

この時代のアサシン教団とテンプル騎士団の違いは、絶対的なリーダーがいるかどうかですかね。
テンプル騎士団は(ほぼ粛清みたいな手法でだが)ジェルマン支部長がいろんなところに手を回して自分の計画を進めている。
しかしアサシン教団には評議会やマスターアサシンからの支持を得られないまま物事を進めるミラボーくらいしかいなくて、ベレックの過激なやり方もそれはそれで支持を得られていたとは思えない。そしてどちらにしろ二人とももう死亡しているし。
アサシンは完全に劣勢、て感じします。

こんなアサシン教団を見たくないぜ。
主人公の側が順風満帆じゃドラマが生まれないから、別に心からの文句ではないが。
にしても、アサシン教団は過去編でも現代編でも長い間、苦境に立たされすぎじゃないかッ???と思っている。

アルノとエリスがなんとかするしかない。

ていう二人がもう離れ離れになっちゃってるんですが。

それに二人は、ちょっと微妙な状況だがアサシンとテンプル騎士。

もうどうなるんやこの話。どうなったらいいんだ。

 

SEQUENCE 9 の気球のシーンはすごく良かったですけどね。

なにを見せられてるんだ???と思わないこともないが()でもなかなかロマンティックなシーンじゃないですか。是非プレイして見てほしいです、この、アルノがデレデレする様子が大写しになるところを(^o^)

エリスのことが好きでいい格好したいだけの20代男子アルノ・ドリアン()

来るものは拒まないが恋にはドライなエイヴォルくんとはえらい違いですわ(比べるなって)。まあそれは選択肢システムのせいなので、簡単に比較できませんが。

それにアルノには守るべき戦士団も取り戻すべき家族もいないんだ…ウゥ…
ほとんどエリスが全てなので、そうなるよねという話です。

エリスが全てだから、彼女を置いて行ったりできないんですよ絶対に。
エリスだって沢山失って必死でここまで来た。だからそこまで分かってくれというのも酷な話だが。

 

だんだん話もクライマックスに近付いてきましたね。
後半のクエストが立て続けの暗殺祭りで手が壊れそうですが()
暗殺して戦闘して隠れて走って逃げてもう限界なんだわ()

SEQUENCE 9 MEMORY 2 は初見プレイとフルシンクロやるのに合計4時間くらいかかってしまった()たぶんクリアしたとき生きてませんでした。

SEQUENCE 10 の暗殺はまだマシだった。イベントをすべて見ると、ストーリーの細かい部分で苦い要素ありましたが…

まあとにかく頑張ってフルシンクロしています。なんでフルシンクロ嫌いなのにやってるのかわかりませんが()

攻略メモもなんとか作成する予定。いやほんとうに、誰かの参考になるのかはわからないのですが(何もわかってないやん)

アルノはなんかまた酒浸りになるみたいですが(そうでしょうね)、なんとか復活してもらわないと、だめだ。
アルノ、除名されてしまったが、このまま放ってはおけないだろ。
ジェルマンを倒さないと。

 

投稿者: Ugo

Eager for the world of other sun.