Assassin’s Creed Odyssey プレイ日記 08【コスモスの門徒狩り】

メインのエピソードをクリアし、アトランティスをやり、残ったコスモスの門徒狩り、ついに全て終わりました。

(アトランティスパートでやり忘れ、書き忘れているクエストがあったため追記しました。すみません)

Assassin’s Creed Odyssey プレイ日記 07 【2つの世界の狭間で アトランティスの門】※追記

とにかく長かった。

この記事ではコスモスの亡霊の正体および、門徒狩りクエストの結末までネタバレしています。
未プレイの方は注意してください。

前回の記事→ Assassin’s Creed Odyssey プレイ日記 07
プレイ日記一覧→ Assassin’s Creed Odyssey プレイ日記一覧

前作オリジンズのプレイ日記→ Assassin’s Creed Origins プレイ日記一覧

 

進行状況

難易度ノーマル

レベル 48 → 54

最終的に54レベルでクリアしました。

エピソードのエンディング時点で既に倒していたコスモスの門徒は44人中21人。
残り約半分。
アトランティスの門をやってる途中にも何人か倒し、その後本格的に門徒狩りに集中しました。

 

目次

 

【前半】発見が難しかった門徒を始末

 

『コスモスの目』「マスター」

見つける方法

アッティカでソクラテスのクエスト『市民権の試験』一連のクエストをやり、最後『人生の価値』までやると発見できる。

『市民権の試験』はエピソード5に入った後から発生するらしいです。

というのは自力でわからず攻略サイト見ました()

「マスター」のヒントが、コスモスは採石場を所有しているから周辺の人々を助けろ、的なヒントだったので採石場近くで掲示板の依頼を受けてみたりするがわからず。
もうわかんねーよ!近くに誰もいないよ!となったので、攻略サイトを見ました。
そしたらソクラテスのクエストが手掛かりかい。市民ていうから名前の無いそこらへんの人からクエストを受けるものだと思っていた。

『人生の価値』は端的に言うと、クエストを依頼してきた奴隷、もしくは見ず知らずの女性どちらを助けるか選べと迫られるクエスト。

この見ず知らずの女性というのは別クエスト『家族の試練』で仲間にできるオデッサというキャラクターで、彼女を既に仲間にしていた場合は『人生の価値』の選択肢が固定されるようです。
仲間を殺すことはできないでしょうからね。

で、儂は以下のようにしました。

オデッサを仲間にしていない状態で「マスター」と会話
女性を殺せ、と言われる
「マスター」が立っているすぐ横の牢屋に閉じ込められていた奴隷を解放
「マスター」が戦闘を挑んできたのでそこで殺害

これが第三の選択肢的に良い選択だとは思えない。
「マスター」は奴隷の書類をどこかに隠していて、それが無ければ助けられないからな、とか言っていたので。

だが主人が死んで逃げることさえ出来ればやり直せるんじゃないだろうか、と考えた。勝手な推測だが。
タイムクエストでそういう事を口にする奴隷も居たし。主人になにか起これば逃げられるのに…みたいな事を。

土地を移ってどうにかするとか、出来んのかな、等と思ったが。
すまない奴隷。

これで「マスター」は始末。
コスモスの目の配下の門徒は残り「マスター」だけだったため、手がかりを入手して賢者も始末できました。

 

『エーゲ海の神々』ソコス

見つける方法

黒曜石の島の指導者を弱体化させ、征服戦争を起こす。
征服戦争に参加するとソコスの船が出てくる。

※黒曜石の島は二つに分かれており、リンゴ農園がある島の向かい側の島に、砦と指導者の家がある。
そこで略奪したり物資を燃やせば充分に弱体化させられるかと。
もし足りなければ、イドラのリンゴ農園の貯蔵庫だけ焼けば大丈夫なはず。

ソコスのヒントは、黒曜石の島の指導者を弱体化させることでソコスを海戦に引き込める、とかいうものだった。

儂は黒曜石の島がイドラとミロス二つに分かれてると気付いておらず、イドラの農園だけで指導者弱体化させるの無理だろ!?ていうか指導者自体いない!
とか思って不必要に穀物庫を焼いてしまい非常に反省している。村人がかわいそうすぎる(村人に死者は出してないが)

後でようやく向かい側の島に気付き、そこで略奪などして弱体化させた。村人本当にすまん。

弱体化すると征服戦争が可能になるので参戦する。
勢力はどちらで参加すれば正解なのかわからなかったのだが、自分は以下のようにしました。最後は別に船破壊でもよかったんですが。

スパルタ側で参戦
海戦が始まるとソコスの船が出てくる
ある程度まわりのアテナイ船を破壊してから、ソコスの船と戦闘
乗り込んで船上で始末

そしたら戦闘終了したあと勝手に征服戦争が終わっていて、黒曜石の島の勢力がスパルタ→アテナイに変わってしまっていた。
負けたってこと?

征服戦争に関する表示も一切なく全然わからなかった。
ソコスを追っていたら戦闘地域から離れている、という警告文が出たのだがソコスを追う以上どうしようもできない。ここで強行したのが駄目だったんだろうか。

よくわからないがそういう展開になりました。
ソコスは倒せたのでよかったが…

 

【番外】今回の闘技場は面白かった

あんだけ面倒!!!と言ってたんですが。オリジンズより楽しかったです。

オリジンズの時は場所も狭苦しい感じで、戦闘めんどくさいし、バエク先輩も柄じゃない気がして乗り気になれなかった。
メインのストーリー上必ず闘技場をやらなければならず、これクリアしないと進めない、しかも難しい、ていうのもあって闘技場嫌いになっていた( ˘ω˘ )

しかしオデッセイではメインのストーリーには闘技場必須ではなく、闘技場のスペースも少し開放的に。戦闘はウェーブを生き残るシステム自体は同じなんだが、武器防具のカスタイマイズが細かくなったので、それをやっとけば前より楽に戦えるかなと。
メジャイという守護者だったバエク先輩と違って、カサンドラさんは傭兵だから闘技場に出てもあまり違和感ない。

クエストのストーリーも面白かった。意外な展開とかいうわけでは無いんだが…闘技場と言えばというか。
海外ドラマの『スパルタカス』とか好きで見てたので、こういう系は泣ける。オデッセイのはローマじゃないし剣闘士とは違いますが。

オデッセイの闘技場はウェーブの最後に対戦相手が出てくる時の演出もかっこいいですね。
挑発的なセリフを言いながら闘志を見せつけてくる相手に、テンション上がる。まあ、すぐ殺すんだが(おい言うな)
難破船のある入り江を進んだ奥にある闘技場のロケーションや外観もかっこよかったです。夜に松明が灯ってる感じが好きだ。
オリジンズの闘技場もかっこいいが。これは単に好みの問題。

 

【後半】残り4人を始末しにいく


コスモスの亡霊(コスモスのトップ。すべての黒幕)

エーゲ海の神々 の賢者 ヒドラ

デロス同盟 の門徒 ブリソン、正体不明の門徒

が残っていた4人。

デロス同盟のブリソンは序盤で始末しようと思えばできたが、コスモスの会合に行った時にちょっと助けてしまった門徒がおそらくコイツだと思う。
コスモスの門徒、しかもクレオンが率いたデロス同盟の一員なので、そう考えると始末したい。が、コイツただ馬鹿なだけなんじゃないか…という感じで気が進まなかった。手掛かりの中でも芸術家の母親を気遣って逃がしている様子。
そういう事情で後回しにしてました。

ただ、この時点の状況が

    • コスモスの亡霊は賢者すべてを始末して手掛かりを入手しないと暴露できない
    • 残った賢者ヒドラは海戦。おそらく面倒。こいつではなく下っ端から始末したい。
    • しかしデロス同盟の残った正体不明の門徒は手がかりなし。ブリソンを倒さないとわからない。

て訳で一回ブリソンを殺害(え?)
そこで掴んだ手掛かりが、正体不明の門徒はデロスにいるので、周辺の市民を助けろ、と。
であればたぶん『楽園の騒動』てクエストで出てくるだろうと予想し、ブリソン殺害前のデータに戻って『楽園の騒動』を開始。

 

『デロス同盟』ポダルケス


やってみると、やはりポダルケスはミコノス島のクエスト『楽園の騒動』で発見できました。

『楽園の騒動』というクエスト自体、発生条件が何かあるらしい。が、儂の場合は気付いたら発生していた。そして放置していた。
とりあえずメインのエピソードをすべてクリアしていれば出るのだろうか…?

このクエストめっちゃ面白かったです。
オデッセイのサイドクエストで一番好きかもしれん。

カサンドラさんは、ミコノスでアテナイ軍と戦う反乱軍に協力しながら、協力する女性キャラと男性キャラ両方から気に入られ、それに対しどう出るかも試されるという忙しい事態に()

しかしストーリーが良く、キャラクターの立場や感情がちゃんと理解できるように作られており混乱はしない。
徐々に反乱軍との絆を深めながらミコノスの解放へ向かう、達成感のあるクエストでした。

クエストの流れ的にはミコノス島の反乱軍を支援して、市民を苦しめる指導者ポダルケスを倒し、ミコノスからアテナイ軍を追い出す、というところまでがセット。

かなり長丁場になるクエストなんですが、面白かったです。

まあこれもやり方によっては地獄みたいな結末になるらしいんですが。
なんでそういう事すんの()
それも自由度といえばそうだが。
儂はなんとかグッドエンドにできました。

自分のやったクエストの順序は別記事にしました。

Assassin’s Creed Odyssey『楽園の騒動』自分のやったルート

 

『エーゲ海の神々』ヒドラ


賢者との海戦…絶対面倒くさいだろ!!!

って思ったんですがアッサリ倒せました()

先にやったメラントスとの海戦がめちゃくちゃキツくて、その時にけっこう強化してたのに加えて、ヒドラと戦う直前にも強化した。
それで楽だったのかもしれません。

そしてこれで賢者を全て倒したので、亡霊の正体を暴露できることに。
門徒はブリソンだけ残ってましたが、暴露はできました。

そしたらさ…

なんで殺さなかったんだろう。
いやゲーム内の流れで殺すチャンスがあったわけじゃないが。
理性的にはダメだとは思いつつも心情的には殺したい…と思ったのに。それで正解だったんか。

怒りを通り越して冷静になった()

誰だったかはコスモスの亡霊のところで書きます。

 

『デロス同盟』ブリソン


結局ブリソンも殺害しました。

亡霊の正体は暴露できたんだが、いつもなら暴露すると居場所がわかって追跡できるはずが、ヒントのところに”果てなき旅を続ける”しか出なかった。

そのため、これはやっぱ亡霊以外を全員始末しないとだめなんだろうな。
と思いブリソン殺害。

そしたら『新たな始まり』というクエスト発生。
やはり亡霊以外全員殺害が条件か。

 

コスモスの亡霊


コスモスの亡霊の正体は

 

アスパシアでした。

 

すべての黒幕コイツかよ。

ペリクレスの妻で、アテナイでポイベーを雇っていた人物。
言い方は悪いが間接的にポイベーを殺した人物。
でも直接やったとかじゃないし、ポイベーも危険を承知で行動してた部分はある。だが子供だった。
何もかも全てアスパシアが悪いわけではない…
カサンドラさんももっと側にいてやれたらと思っただろう…

とか考えていたのに。
コイツが黒幕だったんなら、ポイベーが死んだのは…
なんならお前が命令したんじゃないんか。
どうなんだよ…

アレクシオスが人生を奪われたのも
ミュリーネが命を狙われたのも

それもすべてのコイツの命令だったのか。

ゲームのラスボスをこんな早急に殺したいことある???(^ω^)

もう今すぐ殺すぞ。

 

最後に行くのははじまりの場所、というわけで。
一番最初にコスモスの門徒の会合が行われていた洞窟。

そこへ行くと最初は誰もいない。
なぜかミュリーネの呼ぶ声だけが聞こえる。
おそらくあのピラミッド型のオブジェクトから聞こえてるのだろう。

そこに手を触れるカサンドラ。

そしたらピタゴラスの声が聞こえて、いろいろな世界の映像とともにカサンドラに語り掛ける。

その昔、宇宙を操ることができる、そう信じる人々が集団を成し、その理論を広めようとした。
曰く、この世は秩序と無秩序の均衡で成り立っていると。
しかし、一部の者は混沌たる邪悪な腕に身を委ねた。コスモスの門徒の誕生だ。
権力を乱用し、奴らはギリシアを戦争に向かわせた。
お前はそれを、止めるために生まれた。
コスモスを阻止し、私に成し得なかった事をした。
お前は英雄だ。
 
だが、不均衡には代償がつきものだ…
 
混沌が去り、絶対的な秩序が訪れる。そして自由と発展は失われる。
 
だが希望はある。お前自身の中、そしてお前がもたらす未来に。
過去の誤りを修正せねばならぬ。杖を使え。宇宙の不和を修復するのだ。世界はお前に懸かっている。再び英雄となれ。

(ピタゴラスの言葉は音声のままです)

映像が終わるとアスパシアが現れる。

そこで、お前が命令してたのかァアアアア!!!みたいな感じになると思ってたら

アスパシアが、自分がどういう意図で行動してたのか説明しはじめる。
彼女はコスモスの門徒が崩壊するように仕向けた、と。
より良い世界を作っていくためには、今のコスモスのやり方では駄目だと気付いたらしい。
デイモス(アレクシオス)のことはアスパシアが望んだようにはいかなかった。制御不能で、実権を握ったあとの影響力は自分を上回るほどだった。
そしてやり直すために、カサンドラがコスモスたちを始末するに任せた。
ペリクレスは何も知らなかった。
(なんとでも言えるだろうが、ペリクレス殺害はアスパシアの命令ではなかった雰囲気)

アスパシアには神々への信仰を利用して人間を自分たち好みに作り直す計画がある。
このピラミッドには時間を見通す力があり、使えるのは血脈に連なる者だけだが、自分もビジョンを見た、と。

カサンドラがピラミッドを破壊し、コスモスを破壊するところを見た。
そして新しい秩序(哲人王の秩序)が生まれて、古い神々から離れ、新しい合理的な社会で人々による人々のための王国が建国される。

それを見たアスパシアは、その人々を率いる人物を見つけ、民主主義ではなく市民が社会全体のために働く国を作る夢を持った。

そしてカサンドラに、一緒に計画を実行しようと言う。

 

いやふざけんなよ。

殺しました()

殺害または解放を選べるんだが、解放とかあり得なすぎるのですぐ殺した。

何もかもアスパシアの管理下にあったわけじゃないどうのという話の、何割かは真実だろう。計画のことも。
しかしコスモスの亡霊の情報を思い返してみると、嘘をついて洗脳しアレクシオス含め人々を操り、あらゆる汚いことをさせてきた。
中には新しい世界での権力を約束されたコスモスの賢者だっていたが、このアスパシアの計画を聞くとそれも嘘だった。そいつらはカサンドラに殺され、アスパシアにとってはそれで良かったわけですよね。全て邪魔だったんだから。

はい、アスパシアの言葉すべてに意味はないっすね。

そういうわけで殺しました。

アスパシアが最後まで平然と、許されて当然という顔をしてたのがマジで怖かったです。

アスパシア自身は武器も持たずまったく強くないため、よっしゃああ!!!みたいな感じではないが、殺せて安心しました。

カサンドラさんも、流されそうにならないでぇええしっかりしてぇええ!!!と思いましたよ。もっと怒るのかと思ったが。

でも、これでやっと終わったんだ…

 

やっと終わった

コスモスの門徒44人をすべて殺害しました。

長かった。

最後のピタゴラスの話と映像は良かったです。
歴代映像が流れるとすぐ良かったとか言い出す(ダメ人間か)
いやそうじゃなくて、カサンドラがこれから見ていくであろう世界の示唆として妥当性のある見せ方だったし、かっこよかった。

なんでこの映像だけカサンドラをやたら褒めてくれるんですかねピタゴラス父さんは()
これもカサンドラを使命に向かわせるための言葉なんだろうし、本当にピタゴラスが言ったことなのかわからないが…最後の映像として良かった。

アトランティスの記事で書き忘れていたことを追記し、これで、オデッセイの本編はやった、と言えるんじゃないでしょうか。

しっかりしたエンディングが無いのでカタルシスが少ないですが。

しっかりしたエンディングが無いからね(これは堂々と2回言う)

ヴァルハラもDLC商法だったら儂は死ぬかもしれませんが、9割方死ぬことになるかな…しらないが…ラグナロクはもう配信されてるが…。

 

それでも、メインのエピソードは面白かったです。
選択肢システムはやっぱり気に入ったとはいえませんが、オデッセイの家族を取り戻すストーリーとこのシステムが合っていたと思います。

キャラクターたちも魅力的だった。

総合的に、これはアサシンクリードなのか、という疑問は残ったままです。
現代編が本編からひどい形で分割されてしまったことも含め。

このプレイ日記を書いていなかったら、もしかしたらエピソードクリア後に挫折してヴァルハラに行ってた可能性もある。

個人的にはなんとも評価の難しいタイトルでした。オデッセイは。

ネタバレ全開で最後まできてしまったため、もし精神力が残ってれば、ネタバレなしのオデッセイ総合感想記事なんかを書くかもしれません(行けたら行くみたいな事言うな)
書かないかもしれません(やめろ)

また何か忘れてること無ければ()、プレイ日記はこれで完結です。

全部読んでくれた方、はいないかもですが、もし居たらありがとうございます。
とにかく全部読んだとか関係なく、なにかの参考になれば嬉しいです。

お付き合いいただきありがとうございました。

はたして儂はこの満身創痍でヴァルハラをクリアできるんでしょうか。

(そもそもヴァルハラやるためにオデッセイ始めたことを忘れるな)

 

投稿者: Ugo

Eager for the world of other sun.